【スポンサー広告】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2006/02/17(金)

【TV】 SXの正しい観戦方法
いや~昨日のスノーボードクロス男子、最高に面白かった!
予選のタイムレースは最初こそ「うっひゃーなんだこのセクション!?」とか盛り上がりつつ、途中から飽きてきて中だるみしたけど(笑)、決勝はまさにクロスの醍醐味だーね。
抜きつ抜かれつ、クラッシュ、リカバリー、いやートップレベルの戦いは面白い。
決勝1回戦の千村選手のヒートは最高に盛り上がった!今回のトリノで一番叫んだ(笑)。
で、『これは応援する選手がいると面白い』って事になって、日本と関係ないヒートもテキトーに誰か応援する事にした。そうこうしてると、ちょうど4人いるって事で各自自分の馬(?)を決めて、ビリがトップに100円とかね(神聖なオリンピックを…笑)。
そんなことしながら、セミファイあたりからは我が家的に大注目の「Jordi Font」ってスペインの選手を全員で応援。何が注目かって体格とか立ち居振る舞いが友人にソックリだったから。それだけ(笑)。最初は「似てるねー」くらいだったんだけど、スタート失敗してもグイグイ刺したりなんぞ強いもんだからスゴイって事になって、彼を勝手に「佐藤(友人の名。バレたら怒られそうだから仮名)」と呼び付け、声援を送った。彼は残念ながらファイナルで惜しくもメダルを逃したんだけど、我が家を最高に楽しませてくれました。
という訳で、本日は女子。
日本と関係ないヒートはぜひとも応援する一人を決めて観戦する事をオススメします(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/17(金) 15:57:32|
  2. TV|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

2006/02/15(水)

【雑記】 ポッキリさん携帯ポトリ
ダイヒョウの入院にあたり、数々の忘れ物のせいで往復させられてる私。
今日は突然公衆電話より着信があり「はて?」と出るとダイヒョウ。
なんとまぁ、トイレに携帯をポトリして電源が入らなくなったと・・・。
しかも今日どうしても連絡しなくてはならない用事があって困ってると・・・。
仕方ないので、携帯を貸すが為に病院へ。
小1時間程用事を足してくる間に用事を済ませておけと言ってたんだけど、相手が捕まらず。
捕まるまで付き合ってられる程ヒマじゃないのよ~没収~と言う訳で帰宅したのだけど、夕方その相手から電話があって、明日はビッチリ仕事があって夜まで電話できないっつーので仕方なくまた携帯を貸しに病院へ。入り口に向かいながらなんとなく「も~~~~」と声に出して小走ってたら、外でタバコ吸ってたおじさんに見られて気まずかった。
ほんで、無事用事とやらも済んで雑談してると「今日16日だよね?」と言うので、「15日だよ」と言ったら「あ、勘違いしてた。電話は明日でよかったんだ~。」って!
明日と言えば退院日。明日でいいなら、今日私が3度も出向く必要ナシ。
どなたか本気で説教したって下さい(切望)。
  1. 2006/02/15(水) 23:45:46|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
【雑記】 ポッキリさんあの手この手
最初の何日かこそ、居候ゆかと共に「かわいそうに」とお見舞いに行ってたものの、もうすぐ出てくるしと思い始めてまったくもって放置されているダイヒョウ。
毎日あの手この手で見舞いに勧誘されるけど、めんどくさいので放置です(笑)。

マウスの電池がなくなった→ノートPCだからトラックパッドで事足りるでしょ
筆記用具忘れた→そんなもん誰か持ってるでしょ
オサの映像を編集したから見にくれば?→退院してからで結構です

我ながら冷たいなー(笑)
おヒマな方はどうぞ見舞ってやって下さい(他力本願)。
  1. 2006/02/15(水) 00:44:50|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

2006/02/12(日)

【雑記】 オペ後のポッキリさん
オペ終了後のダイヒョウの様子を見てきた。
多少ぐったりしてるかと思いきや、ピンピンしてた。
オペ前の痛みやらなんやらが相当軽減されて快適らしく、むしろ普通以上に元気。
頭上にある棚に入ってるノートPCをさっくり取ったりして、術後の経過は順調っぽい。
という訳で、あまり特記事項もないので忘れ物についてリーク。
前回の記事でも忘れ物しまくりと書いたけど、その後も出てくること出てくること。
ハミガキセット~、洗顔~、ボディシャンプ~、イヤホン~、って必要な物何も持ってってないじゃん!
結局あのたいそうな荷物には、本気でTシャツ(前開きの服が治療に便利なので結局1枚も着てない)、下着(これだけは使用)、靴下(まったく履く必要ナシ)だけだったらしい。
しかも余計な事に、家に置いておくべき物をわざわざ持って行ってて、取りに行くハメにもなった!
誰か説教してやって!(笑)
次号「ポッキリさんナースに怒られるの巻」乞うご期待!(ホントか!? 笑)
  1. 2006/02/12(日) 02:32:19|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

2006/02/10(金)

【滑走日誌-06/02-】 (14) 2006/02/10 ★テイネ
ポッキリ→救急車により、テイネで寂しくお泊まりしていたダイヒョウの愛車「オデ子ちゃん」を取りに行ったついでに滑る(ウソ~ついでにオデ子)。久しぶりのテイネ。
とりあえず着いた途端に、ゆかがブーツ忘れた事に気付いてガーン。参考までにレンタルブーツを見せてもらったら新しくて良さげなので、借りる事に。驚愕の軽さでビックリ!しかも滑ってみたらさほど違和感もナイって事で「案外安いブーツでいいんじゃないか!?」と盛り上がってみる(笑)。
この日の天気は晴れたり降ったり曇ったりで落ち着かない天候。女子大手前の通路がやたらと吹雪いてて最高に寒かった。ほんで、一緒に滑ったメンツが翌日のスロープ地区大会の為に練習モードだったので、上から下までパーク流し。私はパーク入らないので、1、2本で一人ウハウハに出かけようと思ってたんだけど、意外にゲレンデの脇パウが楽しいのでしばらく同じルーティンで。
しばらくしてやっぱ一人旅に出るかなーと思ったらゆかも行くと言うので、二人で迂回の方からパラダイスへ降りる。よさげに見えたけど、選んだラインが底当たりでイマイチ。北壁横の沢にも行ってみるが妙に深すぎたり食われてたりで、イマイチウハウハできず。今日はゲレパウが一番よかったな(笑)。
途中、女子大手前で後ろから来てるはずのゆかをチラ見するといないので、あれ?っと前を見てみるもいない。あれれ?と待ってみたけど来ないので、ちょろっとハイクして見渡してみたけど、やはりいない。とりあえず下に降りてみると緊急なモービルとすれ違ったので「ゆかの身に何か?ポッキリの呪い!?」と少々焦ったけど、ゆかは下で待っていた。どうやら、私の知らない所で追い抜かしていったらしい。ゆかも緊急モービルを見た瞬間、私の身を案じたらしい(笑)。
ほんで、北壁も終わってしまったのでパラダイスまわし。ひたすら飽きもせず、ギャップで遊ぶ→脇パウ蹴散らす→グラトリ。脇パウでどうなのかわからんけど、最近スプレーの研究に勤しんでるので試行錯誤してみる。でもねー、技とかだと出来た出来ないってのがあるけど、スプレーは自分に見えないからどうにもこうにも(笑)。そしてなぜかグラトリの調子がよろしい。今期まったくもって出来る気がしないレギュラーのノーリー3が戻ってきましたよ。突然にゃんででしょう?
  1. 2006/02/10(金) 10:00:47|
  2. 滑走日誌-06/02-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【雑記】 ポッキリなダイヒョウ
ポッキリな人、しばらくネットに出てこれないので様子をご報告。
すごいよ!!マサルさんチックだと噂のダイヒョウ、とうとう病院にピットインです。
朝、たいそうな荷物を持って入院手続きへ。と思ったら、すぐに外出してきて身辺整理などしながらまったりと夕方再び病院へ。車で5分とかからない距離だからなせる技。だから油断してるのか、忘れ物しまくりで、朝のたいそうな荷物にはTシャツと下着くらいしか入ってなかったと言う事実・・・。
ちなみに、朝病院まで送って行って、戻ってくる時に再び迎えに行く事になってたんだけど、軽く用事を足してたら渋滞に巻き込まれちゃって呼び出された時にはまだ30分かかる所。そんなに待ってられん、と徒歩で帰ってきたポッキリさんは意外に元気です。
10日がオペで、17日に出所予定。17日は、クロスの地区大会があって出ようか出まいか悩んでいたようだけど、退院日とあっちゃ諦めた様子(悩むか普通・・・)。ま、地区大会は仕方ないとして、crescenDO CAMPには復活できてる予定らしいので、ひと安心。あ、これはダイヒョウの判断ではなくちゃんとドクターの判断なので信頼できるであろう予定。
という訳で、ウチのダイヒョウがご心配をおかけしてますが、割とキレイにポッキリいったので楽そうです。次号「オペ後のポッキリさんの巻」乞うご期待!?
  1. 2006/02/10(金) 03:22:16|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

2006/02/06(月)

【雑記】 "クレシェンドキャンプ"を宣伝してみる
ここでまで書く必要もないと思ってたけど、壱葉に恩義を売る為に書いておこうかな(笑)。
ま、宣伝だから良い事しか書きませんけど、あしからず。
でもJAROに訴えられるようなウソは書きませんよってご安心を。

とりあえず楽しいであろう事は私が保証します(私が保証した所でどうにもこうにもだけど)。
コーチの面々は滑りもプライベートも最高に楽しいメンツなのでね。
スノーボード自体の楽しさはもちろんだけど、必ず笑いも提供してくれるはず。
ま、面白いもの見る為に行くもんじゃぁないですけど(笑)、やはり「楽しかったー」って終わってもらうのが一番だと思うので。楽しいと気分が上がるし、気分が上がると上達も早いってね(?)。

そうだ。上達ね。
自己流でもなんでもスノーボードは楽しいもんだけど、みっちりアドバイスもらったら色々変わると思いますよん。特にパイプやパークは、教えてもらいながらやるのが近道じゃないかと。
ほんで、メンズに教えてもらうのももちろんOKだけど、やっぱなんだかんだ言っても基礎体力的に絶対的な差がありますからね、同じレディースのコーチの方がかゆい所に手が届く?かもね~。
いやま、同じレディースだからこそ得られるパワーとか影響とかは実際問題あると思いますよ。

それから~、2日目にはそうそうたるゲストライダーが登場しますね。
いまのところ、アンディさん、会長、メジャーさん、カッチくん、かな?
今にもノーマターの撮影が始まりそうな雰囲気・・・いいじゃないですか。
このメンツの滑りをまとめて間近で見れるのも、このキャンプの醍醐味かもねーっと。
しかしまぁ、レディースキャンプと銘打ちながら、さりげにイケメンライダー達も手配するあたり、そつがないなーと感心するけど(笑)。

あとは、結構盛り沢山な協賛メーカーの数。
スノーボード系はもちろんだけど、岩盤浴とか食事券とか意外に嬉しいプレゼントもありそうです。
当たったプレゼント次第ではオツリが来るかもしれません。
あと、参加する方は西野壱葉をおだてる事を覚えておきましょう。
ノセてしまえば、ホイホイ何か出してくる事必至です(笑)。身ぐるみ剥がしてしまえ。

あとはなんだ。スタッフ的には(スタッフに駆り出されてるの)困ったちゃんなルスツリゾートが舞台。
だってさー、パウダー当たっちゃったら気になって働いてらんないですから(笑)。
はぐれたフリしてどっか行っちゃうかもしれません。
ま、それくらい楽しい山だっつー事です。
もし本州から参加を考えてる方がいたら、前泊・後泊なんかして楽しむのもいいかもです。
新千歳空港からのアクセスも良いし、なんならルスツからピョコっとニセコに移動して北海道を堪能してくのもアリ。
そうそう、おしゃべり雪だるまの「美雪ちゃん」は8メートルあるから注意!(実は三女)

あ!最後にもひとつ。
超個人的な楽しみなんだけど、この日ルスツのイベントとかぶってるのでスゴイよ!(?)
花火上がるでしょ、オールナイトだかって朝までリフト動いてるでしょ、そしてそして松明滑走に参加できちゃう!当日エントリーらしいので、私は張り切ってエントリーの予定。スタッフの仕事?悪いけど、私の松明滑走は譲りませんから~。
ま、これらはキャンプに参加しなくてもルスツに行けばいい話だから関係ないっちゃないけど(笑)、そんなオマケもありまっせ~っと。

こんな所でいいかな。
うん。良い事ばっか書いた。満足。
長すぎて、なんの宣伝にもなってないな~(笑)。ハハハー。

詳しい事は、crescenDO CAMPのウェブサイトへどうぞ~。
http://www.crescendo-camp.com/
  1. 2006/02/06(月) 23:14:26|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

2006/02/05(日)

【滑走日誌-06/02-】 (13) 2006/02/05 ★某ゲレンデ
今回はクリエイターまあが前泊でやってきた~。素敵。
この日向かうは、居候ユカ提案の某マイナーゲレンデ。
ダイヒョウが場所を伏せてたから私も伏せておこう(笑)。

札幌はかなり積もってたのに、近付くにつれなぜか積雪が少なくなり・・・・・。
また私のハズレ伝説が始まったのかと一人で腐っていたけど、ゲレンデはグッドコンディション♪
この斜度にこのパウダー、このゲレンデなにげにかなりヤバイ。
そもそも人は少ないし、パウダーゾーンに来る人もあまりいないのでかなり調子が良い。
更に何がいいって、脇に入ってもイージーに戻ってこれる事。
国際のブロード後のワンフットやテイネのトラバースを考えると天国。
とりあえず良~い斜度のゲレパウをいただきまくって、時折ツリーを探検。
これまた、地形が結構面白いもんで、把握しきったらかなり楽しめそう。
ほんで徐々に移動していって、滑ってチョーダイと言わんばかりのリフト下(だってロープないんだもん←非道発言)を全員で好き勝手に攻めてたら、途中にあるリフト小屋からスタッフが出てきてて怒られた。私は「リフト下滑らないで下さい」だったけど、最後尾を来たクリエイターまあにいたっては「コノヤロウ~」だったらしい(笑)。その後「リフト下滑らないでよ」って放送がかかったので、一応リフト下は自主規制して、更に奥へ。
この奥の方もやばかったねー。ゲレンデからピョイっと入っただけの所だけど、山奥チックなロケーションで個人的に気に入った。メロウツリーラン。さほどタイトじゃないので、ライン選び放題。
ほんでラストは壁と呼ばれるコースの脇にあるツリーラン。ここには中盤で1本入ってて、その時ちょろっとハイクしたスポット。だいぶお疲れだったので、ギリギリのラインでハイクしないように出てくるつもりが2ターンくらい早すぎた。っつーか、ちょろっとハイクしてでも滑りきるべきだったなーっとちょっと後悔。ゲフン。
という訳でおなかイッパイ。ビバ某マイナーゲレンデ。
あ、そういえば。マイナーゲレンデと言いながら、これでもかこれでもかと見知ったスノーボーダーと遭遇しまくったのがかなりツボ。なぜにミナサンあの日あの場所に?(笑)

  1. 2006/02/05(日) 09:30:01|
  2. 滑走日誌-06/02-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。